セックスレスの原因【パートナーがうつ病と診断された時には】

うつと性の因果から治療

カウンセリング

性欲に関する悩みもある

うつ病の症状にも様々なものがありますが、男性にとって性欲の減退が問題視されています。医療機関において、性欲増強剤を処方してくれるものの、勃起機能を高める薬です。うつ病の診断を受けた男性の大半は、セックスに対する意欲が減退していますから、精神科・心療内科においては、先に心の回復を図ります。うつ病とセックスの関連性は、身体的機能不全からくるものと、メンタルとなる心因性のもの、それらが混合しているものに分けることができます。そして、いくつか特定の薬によって性欲減退となる症状を起こす可能性もあります。どうしてもマイナス思考に陥りがちとなるため、男として失格、女として魅惑的ではない、などの自信を喪失してしまいがちです。この場合、男性はEDに繋がってしまう事例も報告されています。もちろん、徐々に回復へと向かうため、パートナーとのセックスを行うこともあるでしょう。ただし、大げさに「スゴいね、立派だよ」などと褒められることによりプレッシャーになることもあります。治療を再度行うことになり兼ねませんから、安定に繋がりやすいように、微笑み返しを医師はアドバイスしています。また、依存型というタイプも居ないワケではありません。セックス依存症になり、そのまま精神病の診断を受け、合併症としてうつに入るケースもありますから、まずは専門の医療機関を受診してみましょう。うつ病の患者で性欲が減退し、EDになる人も少なくありません。うつ病とセックスは、性欲の問題であるならば、精神科・心療内科にて心の治療を優先させます。しかし、勃起機能の障害が原因であるならば、機能向上となる治療薬を用いた薬物治療を優先させています。もちろん、うつ病の治療と並行しながらの服用も、患者本人の希望であれば可能です。薬の相性もあり、投薬してからの経過観察も必要で、医師との相談や指示を受けて正しく服用します。こうした、セックスに関する悩みがある場合、治療にどれくらい費用がかかるものでしょうか。一概には言えないものの、初診料及び、再診料を無料とする医療機関では、かかる費用は薬代のみです。例えば、精神科・心療内科にて処方される精神安定剤、エチゾラムという最もポピュラーな精神安定剤の価格は、1錠100円程です。そこから相場を割り出すことができ、ED治療薬1錠あたり1000円前後です。 もちろん、明瞭会計である医療機関を選ぶことが大事ですし、治療費をかけたくない場合にはジェネリックという、効果がほぼ変わらない薬に変更することも可能です。とりあえず、医師や薬剤師に治療費について、納得できるまで説明を受けましょう。初回のみ、無料にて相談に応じてくれるケースもありますし、電話やメールからもセックスとうつに関する悩み相談も可能です。

Copyright© 2019 セックスレスの原因【パートナーがうつ病と診断された時には】 All Rights Reserved.