セックスレスの原因【パートナーがうつ病と診断された時には】

医療機関で原因を特定

診察

原因に合わせた治療法を

精神科・心療内科ではうつ病の治療を受けることができるため、自覚症状のある方は早めに検査を受けてください。精神疾患全般に言えることですが、自分自身では症状を自覚していないケースが少なくありません。うつ病は他人事と考えている方が少なくありませんが、精神疾患の中で非常にポピュラーです。例えばセックスに関する興味が減退してきた場合、身体と心のバランスが崩れている可能性があります。うつ病になると好奇心が減退してしまい、物事を楽しむことができなくなります。趣味・娯楽に関心を示さなくなっている場合も要注意で、放置しておくと悪化していく可能性が大きいです。特にセックスはパートナーがあって成立する行為ですから、セックスレスは早めに解消していく必要があるでしょう。ED治療薬や精力剤を服用しても症状に変化がない場合は、心の問題であるケースが少なくありません。医療機関でのうつ病治療が人気の理由は、原因に応じた治療を受けられることです。基本はゆっくりと休養を取って心身を休めることで、それに加えて薬物療法でサポートする方法が一般的です。過度の疲労やストレスが引き金になっていることが多いため、まずは原因を解消していく必要があります。理想的なのは仕事を休職し、定期的に医療機関でカウンセリングを受けることです。うつ病でセックスレスになると大きなプレッシャーとなり、さらにセックスレスを進行させるケースが少なくありません。うつ病は再発するリスクが高い症状のため、中途半端に対策するのは好ましくないです。医師の指示に従った生活を実践すること、治療薬を正しく服用することなどがポイントになります。楽になったからと言って自己判断で治療薬を中止してしまうと、症状が再発するケースがあるので注意してください。最近のうつ病治療薬は副作用が弱くなっており、長期的に対策をしやすくなりました。治療を中止すると再発リスクが高いのが精神疾患であり、再発すると症状はさらに悪化するとも言われています。心の病は肉体的な疾患と比較しても、完治させるのに時間がかかります。焦ることは完治を遅らせる要因となりますから、焦らずにマイペースで治療していきましょう。男性の勃起不全によってセックスができなくなるケースは多く、特に50代くらいから急激に増えてきます。動脈硬化が原因で勃起不全を招くことが多いですが、ED治療薬を服用しても改善しない場合はメンタルに問題がある可能性大です。日頃のストレスやプレッシャーなどが引き金となり、自律神経のバランスを崩してしまうケースは少なくありません。うつ病に勃起不全の原因がある場合は、メンタルを整えていくことが最大の対策となります。

Copyright© 2019 セックスレスの原因【パートナーがうつ病と診断された時には】 All Rights Reserved.