セックスレスの原因【パートナーがうつ病と診断された時には】

医療機関で原因を特定

診察

医療機関はうつ病の原因を明確にし、適切な薬物の処方をしてくれます。基本的な治療法は休息と薬物療法、カウンセリングになります。うつ病によりセックスレスになった場合は、下半身よりも心の問題を解消しないと完治しません。

詳しく見る

早めの治療が大事

医者

うつ病患者さんと接する時、医師は時間をかけることに専念します。患者さんに焦り感じさせることが、症状を更に悪化させる要因にもなってしまうからです。穏やかな話が出来、セックスと言ったことにも触れることが出来るまでの工夫を行う治療が必要です。

詳しく見る

大変デリケートな問題です

看護師

うつ病に罹ると、意欲が低下して無気力になってしまったり、不眠や食欲不振、倦怠感などの体の不調を感じやすいです。うつ病に罹ると、性欲が減退してセックスレスになることもあります。辛い症状で悩んでいる人は、医師に相談して下さい。

詳しく見る

うつと性の因果から治療

カウンセリング

うつ病患者にとって、セックスに対する意欲が減退する悩みも抱えているようです。治療するにも、治療費の負担も増えてしまいます。無料にて相談ができたり、治療のアドバイスがもらえるなど、上手く医療機関を活用するのも一法のようです。

詳しく見る

一緒に寄り添うことが大事

医者

無理をさせないこと

うつ病と聞かされると、精神的な病気と考える人が多いと思われます。ですがこの病気には精神的症状と身体的症状があり、気分が落ち込んでいる時には身体の調子も悪くなる兆候がみられます。また同じ症状が一日中続くのではなく、朝方の調子が一番悪く夕方には回復傾向になります。この病気にかかることで問題になるのが、仕事に対する意欲がなくなることです。物事に対しおっくうになり、集中力のかけてしまうなどヤル気が起きなくなってしまうことです。そのため大好きな趣味にも関心を持たなってしまいます。集中力が欠けることで思考にもまとまりがなく、判断力が鈍り仕事にも悪い影響を与えることになります。感情的にもイライラすることが多くなり、物事の当たり散らすことや急に塞ぎ込んでしまうなども見られるのです。身体的なものとしては睡眠障害が言われますが、食欲不振とか味覚障害などから食べることを拒否する場合も出て来ます。特に睡眠障害になると、一日中寝ている人もいれば全く眠れないと言う人も出て来るのです。同じうつ病でも大きく症状が違うこともこの病気の特徴となっています。疲労感や倦怠感が強くなることから、性欲減退と言う状況にもなります。そのためセックスに興味を持たなくなってしまい、インポテンツ状態になることからセックス行為を望まないことになります。一緒に暮らすパートナーがうつ病と診断された時には、どう対処して良いのか悩むことになると思われます。うつ病にかかってしまった原因は、自分にあると考えないことが大事です。自分が原因と決めてしまうと治す力も半減してしまうと考えるべきで、一緒に寄り添いながら二人で歩むことと決めることが必要になります。その時パートナーがそのまま一緒にいることに抵抗感を示さないことは、二人で歩むことを望んでいると判断して良いのです。ここでパートナーを無視する状況を作ってしまうと、自分への興味がなくなったのではと言う不安が大きくなり、症状悪化へとなる場合も考えられます。但し、おせっかいになるような行き過ぎた世話はいけないとだけ知っておくべきです。ごく普通の生活の中で、パートナーを見守る姿勢が必要になります。また病院へ行く時などは出来るだけ一緒に行くと言うことも大事な要素になります。医師から一緒にカウンセリングを受けることで、二人の状況を同等に置くことも良い方法です。うつ病になった時は性減退になりセックス行為もなくなってしまいます。しかしうつ病が治った時点では、このインポテンツ状態から抜け出すことが出来セックスも以前同様に戻ることが可能になります。焦らずに回復を待つことが良い方法となります。

Copyright© 2019 セックスレスの原因【パートナーがうつ病と診断された時には】 All Rights Reserved.